互換プリンターインクのメリット

純正品より格段に安い互換プリンターインク

プリンターインクを買うなら互換製品がおすすめ

旧機種用でも普通に買えるのが嬉しい

epson製のプリンターは優れた印刷機能で定評があり、多彩な機種が販売されています。ユーザーの数も多く、長年大切に使い続けている場合は、店頭で純正インクが入手しづらくなっているかもしれません。そんな方々にもおすすめできるのが互換インクですが、今では数多くの製品が販売されています。互換製品で嬉しいポイントは、往年の旧機種用でも普通に販売されていることです。なので古いプリンターをお使いでも、互換インクなら簡単に発見できると思います。互換製品を使えば旧型機種もまだまだ現役として続投できるので、非常に助かるのではないでしょうか。という訳で、自分が使っている型番のインクが陳列棚から姿を消してお困りの際は、互換製品が要チェックです。

では互換インクに関して軽く説明しますと、これは各販売会社が独自にデザインした新品カートリッジにインクを詰めた社外製商品です。似た商品にはリサイクルインクもありますが、こちらは主に純正の空カートリッジを回収して再利用した製品となっています。ですからリサイクルタイプは、互換製品と違ってカートリッジは純正品というのが一般的です。もちろん互換品もリサイクル品も充填されているインクは新品なので、その点は安心して使えます。そして、epson製のプリンターと言えばカートリッジにICチップが搭載されているため、パソコンなどでタンクの残量を確かめられるのが特徴です。互換製品は社外製のオリジナル製品ですから、ICチップを搭載しているか否かは販売会社次第と言えます。ただし拘りを持って互換製品を販売している会社は、純正品と同様、ICチップをカートリッジに組み込んでいるので、タンク残量の確認も可能です。そこで、残量表示機能を使いたい場合は、ICチップの有無も基準に加えて購入製品を選んでみてはいかがでしょうか。

低価格で高品質な互換製品が増えている

最近の互換製品はインクの高品質化が進んでおり、言われなければどちらが純正品の印刷物か分からない場合も珍しくありません。それどころか、言われたところで区別がつかないことも多いと思われます。しかも互換製品なら純正品の半値近くで買えるのも一般的になりましたから、ランニングコストを抑えたい時は、店頭で純正品が手に入る状況でも使わない手はないと言えるでしょう。epson製プリンターの互換インクは通信販売で購入できるので、まとめ買いでストックしておけば、大量に印刷する時も重宝します。個人利用はもちろんのこと、長期保管用以外の印刷業務なら互換製品で十分というケースが多いため、今では法人からの人気も高いのです。

人気記事ランキング